2016年01月31日

酒亭菊姫

 親友の幸枝と飲みに行った。

s-160126_172628.jpg

「菊姫」は加賀の酒である。かなり評判が高いので、贈り物によいのではと興味を持った。

s-160126_172655.jpg

 新橋にあるこの店では、すべての菊姫を飲むことができる。持ち帰ることはできないので、欲しければネットで申し込めばいい。
「日本酒しかないのかしら」
 ビール好きの幸枝が、少々不安そうな顔でメニューをのぞきこむ。ところがどっこい、ちゃんとスーパードライが用意されているのだ。
「生2つお願いしまーす」
 乾杯をすませると、料理の注文に進む。コース料理もあるが、単品で頼んだ方が好きなものが食べられる。
「お造りに合鴨ロース、白子ポン酢、ブリ大根ください」
「はーい」
 従業員は男性も女性もフレンドリー。初めての客でも常連でも、分け隔てなく接してくれる。
 お通しが実に美しかった。

s-160126_173432.jpg

 しかし、意外な落とし穴が潜んでいた。喜んで食べ始めた幸枝が、小さな悲鳴を上げたのだ。
「この鴨、たっぷり辛子がついてた。ひー」
 辛いものが得意でない私が、そそくさと辛子を落としたのは言うまでもない。後出しのほうが得である。
 ビールのあとは、お目当ての日本酒だ。1合は約180ml。これでは酔っぱらってしまうので、お酒に弱い私は60mlの飲み比べにした。お酒によって金額が変わってくるが、どれを選んでも構わないところがうれしい。
「金劒(きんけん)と特選純米、菊理媛(くくりひめ)でお願いします」
 お酒のチョイスは味ではない。ラベルである。

s-160126_175426.jpg

「菊姫」らしいデザインがいいのだ。
「左から順に飲むのがいいと思います」
 年配の店員さんが、グレードの低いものから飲むよう勧めた。でも、3つとも全部イケる。
「本マグロと甘エビです」

s-160126_175044.jpg

 とろけるようなお造りに感動する。食材は加賀産にこだわらず、築地で仕入れることもあるらしい。
「出来のいいものは、築地に出荷されますからね。こちらにはかなわないですよ」
 そういうものなんだろうか……。
「合鴨ロースです」
「キャアッ♪」
 私は鴨が大好きだ。歓声を上げて、すぐさま箸を伸ばした。やわらかくて、しっとりした食感がたまらない。
「あ、写真……」
 本当は7枚あったのだが、がっついて食べた分がなくなり、6枚に減っている。

s-160126_180000.jpg

 白子ポン酢は幸枝のリクエスト。

s-160126_183143.jpg

「あああ、これ最高! ホント美味しい」
 半分もらったら、その通りだった。白子は料理したことないけれど、チャレンジしてみようかしら……。
「ブリ大根です」
 これも絶品。夢中で食べてしまい、写真どころではなかった。
 実のところ、ワカサギ唐揚げやサラダも食べたかったが、幸枝は小食だ。食べるよりも飲む方が大事らしい。ならば私もとお酒を注文した。たしか、限定酒の「鶴乃里」だったような気がする。
 こちらもいい味。日本酒のよしあしはわからないが、口あたりがよく美味しく感じれば、それはいい酒に違いない。
「デザートに大吟醸アイスを食べようよ」
「いいね、いいね!」

s-160126_193620.jpg

 やはり、食後に甘いものは必要だ。
「ごちそうさまでした〜」
 お酒もお料理も、本当に美味しかった。
 結果として、どの菊姫も甲乙つけがたく、贈答用に何を選ぶか決められなかった。私は何をしに来たのだろう……。
 やはり、ラベルで決めるしかないかしら。

※ 他にも、こんなブログやってます。ぜひぜひ、ご覧になってください♪
 「これはしたり〜笹木砂希〜」(エッセイ)
 「うつろひ 〜笹木砂希〜」(日記)
posted by 砂希納言 at 21:20| Comment(4) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
美味しそう〜!下戸の私でも飯を食いにたま〜に居酒屋に行きますけど
ここは高級そうでちょっと敷居が高いかな〜!でも菊姫って名前のお酒がこんなに沢山あるとは知りませんでしたよ!
Posted by at 2016年02月02日 08:03
>鹿島田の純さん

ここは居酒屋ではないですね。
日本酒のアンテナショップという感じがしました。
売りはお酒だと思い込んでいましたが、料理のクオリティが高くて驚きましたよ。
菊姫は、この4倍くらいの種類がありました。
とても全部は飲みきれません(笑)
Posted by 砂希 at 2016年02月02日 20:35
日本酒のアンテナショップだったんですか〜!菊姫が4倍も種類があってみんな味が違うんですか?下戸の私には酒の味の違いが判りませんがなんで同じ名前がそんなにあるのでしょうかね〜?
今、気が付きましたが最初のコメに名前を入れ忘れていたみたいですみませんでした!しかしよく私ってわかりましたね〜!(笑)
Posted by 鹿島田の純 at 2016年02月03日 04:56
>鹿島田の純さん

そりゃあ、下戸がヒントになったんですよ。
あとは、文章で何となくわかります。
会社が「菊姫合資会社」だから、お酒にも同じ名前をつけたんでしょうね。
ネーミングがいいわぁ。
Posted by 砂希 at 2016年02月03日 21:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: