2016年04月10日

「The T」で頭を柔らかく

 「The T」という木製のパズルゲームがある。
 わざわざ買おうとは思わないけれど、宿泊先に置いてあったので、ちょこっと遊んでみた。
 ルールは簡単だ。このような形の4つの木片を組み合わせて、シルエット通りに並べるだけ。

s-元.jpg

 やってみると、意外に思う通りに進まないことがわかる。特に、このピースがいけない。

s-元輪.jpg

 逆に、この問題児の配置が決まれば、あとはスムーズに完成する。頭を柔らかくして、根本的な発想を変えることが必要だ。
 まずは「T」。

s-T.jpg

s-DSC04513.jpg

 変な形のピースを斜めに使うところがミソだ。
 次に「家」。

s-家1.jpg

s-DSC04514.jpg

 「家」に似たシルエットもあるが、こちらは「小屋」というべきか。

s-家2.jpg

s-DSC04516.jpg

 「平行四辺形」。

s-平行四辺形.jpg

s-DSC04515.jpg

 「階段」。

s-階段.jpg

s-DSC04517.jpg

 カタカナの「ト」。いや、漢字の「卜(うら)」か?

s-ト.jpg

s-DSC04518.jpg

 「飛行機」。

s-飛行機.jpg

s-DSC04520.jpg

「重ねたスリッパ」。

s-カブト.jpg

s-DSC04521.jpg

 「兜」。

s-山.jpg

s-DSC04522.jpg

 「2種類の羊羹」。

s-ズレ長方形.jpg

s-DSC04523.jpg

 とっかかりさえつかめれば、全種制覇は時間の問題だ。
 すべての写真を撮り、私は天狗になっていた。
 ところが、しばらくして、ケーキ屋さんのウインドウで衝撃的な商品に出会ってしまった。

s-160312_154725.jpg

 何と、これは四角いシュークリームなのである。シュークリームは丸い、当たり前という先入観をひっくり返す、スタイリッシュなデザインにノックアウトされた。
 味もなかなか。カスタードクリームがすき間なく入っており、がっつり食べた満足感がある。
 自分では、思考に柔軟性のある方だと思っていたが、まだまだ、まだまだ。

※ 他にも、こんなブログやってます。ぜひぜひ、ご覧になってください♪
 「これはしたり〜笹木砂希〜」(エッセイ)
 「うつろひ 〜笹木砂希〜」(日記)
posted by 砂希納言 at 17:27| Comment(2) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
家にあるってことはどこかで買ったんだろう。
数年後にまたやってみると、忘れてるからまた考えられるよ。どこかの宿泊先で…。
シュークリーム、たしかに四角は珍しい。膨らませる工程がメンドーかもしれないけど、食べる量は増えたカンジがする。
アキバのヨドバシのとこにあるシュークリームの店で期間限定とかあるとついつい手を出してしまいますが、やっぱ量が少ない(…このチェーンに限ったことではないが)で、美味しいと思っても満足出来ないんですわ。
ハイ、心機朗でした。
Posted by わざわざ買った人 at 2016年04月11日 08:02
>心機朗さん

誰かと思ったら(笑)
The Tをお持ちなんですね。
40代後半になり、物忘れに拍車がかかりました。
今だったら、すぐ忘れて何度も楽しめるかも。
四角いシュークリームは、型にはめて焼くのでしょうか。
クリームの入れ方によっては、はみ出しちゃう気がします。
でも、血糖値が高くて糖尿病寸前と言われたから、もうちょっと我慢しなくては。
Posted by 砂希 at 2016年04月11日 19:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: