2016年05月24日

210分待った「若冲展」

 若冲展が大人気だ。

s-160520_181842.jpg

 最終日の本日は意外に行列が短いようだが、先週、私が並んだ日は「待ち時間 210分」だった。こんなに待つのは初めての経験である。でも、それだけの価値はあったと思う。

s-DSC04920.jpg

「釈迦三尊像が圧巻でしたよ。今年の展覧会の中ではピカイチです」
 同じ職場の紳士から聞いた感想を思い出し、人垣のすき間から「どれどれ」とのぞき込んだ。だが、さほどときめかない。
「おおっ!」
 しかし、動植綵絵(どうしょくさいえ)には大いに心を揺さぶられた。冒頭の鳳凰図もよかったが、私はこの動植綵絵30幅すべての実物が見られた時点で、「210分なんのその」と満足した。
 一筆箋の裏に、絵の一部分が載っていたので、さらに20分待ってレジで購入する。
 水中にも美しい世界が広がっているところに、意表を突かれた。

s-DSC04921.jpg

 海の中の生物も、色鮮やかに描かれている。

s-DSC04922.jpg

 雪景色にはため息が出た。

s-DSC04923.jpg

 光を反射して、宝石のように輝くひとコマから、若冲は冬が好きだったのではと推測する。

s-DSC04924.jpg

 雀の群れは、いつの時代も愛らしい。

s-DSC04925.jpg

 蝶と花の距離が空間を表していて、これは非常にいい構図だと感心する。

s-DSC04926.jpg

 娘のお気に入り。
 白鳳の目が「エジプトみたい」でツボにはまったそうな。
 そこ?

s-DSC04930.jpg

 私のお気に入り。
 たくさんの鶏が生き生きと描かれており、「鶏愛」が感じられる。
 もっとも、観客の中からは「焼き鳥食べたくなってきた」という声も聞かれたので、感想は人それぞれ……。

s-DSC04927.jpg

 私が通っていた小学校では、こんな鶏を飼っていた。

s-DSC04931.jpg

 気性が荒くて、子どもを見れば追いかけてきたので怖かった。
 他にもいい絵ばかりが揃っている。

s-DSC04929.jpg

 どの絵にも四重、五重の人垣ができており、遠目には上半分しか見えないので、近づいて隠れた半分を確認してから次へと進む。ここだけは時間をかけてじっくり鑑賞した。

s-DSC04928.jpg

 うれしいことに、動植綵絵全30幅が載っているダブルクリアファイルが売られていた。
 中には絵のタイトルも書かれており、とても気に入っている。

s-DSC04919.jpg

 素敵な展覧会だったなぁ……。
 今でも夢見心地。

※ 他にも、こんなブログやってます。ぜひぜひ、ご覧になってください♪
 「これはしたり〜笹木砂希〜」(エッセイ)
 「うつろひ 〜笹木砂希〜」(日記)
posted by 砂希納言 at 18:18| Comment(4) | エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
その方面の方に言わせると「奇跡」の展示会だとか…。『動植綵絵』はあまりにも貴重な文化財のため、45年前の展示会のときは前期後期で15幅ずつの展示が許されなかったものが30幅全部を一度にみられる機会は、今後決してないかもしれないって…。
そう考えると210分もほんの一瞬!
お土産もいいものが買えたようで良かったですね。
しばらくは手元にあるものを見ながら、本物を見たカンドーを思い出す…、そんな日々でしょうか?
僕も先週はヲタ活にパワー注ぎました。購入したCDを繰り返し聴いて想い出に耽ってますが、終わってしまった脱力感も大きいですわ。
Posted by 心機朗 at 2016年05月24日 21:44
>心機朗さん

前代未聞の混雑も、奇跡のせいなんでしょうね。
ひと月限りの楽園というサブタイトルの通り
宮内庁が長期間貸出してくれなかったのかしらと
あれこれ推測しちゃいました。
展示の仕方も上手で、『動植綵絵』が円を描くように並んでいる様は
なかなかの見ものでしたよ。
ヲタ活お疲れさまでした。
今日はガンダムオリジンVを観てきました。
こちらもヲタ活しちゃった〜!
Posted by 砂希 at 2016年05月25日 23:15
失礼、こちらを見逃しておりました(*゚.゚)ゞポリポリ
210分って何時間だか判らなくなっちゃったのでは(笑)
日本画にしては動物密度の濃い絵ですね。
やっぱり実際に見ないと迫力は伝わらないのかな、お疲れ様でした。
Posted by 片割れ月 at 2016年06月04日 09:23
>片割れ月さん

こちらにもコメントをありがとうございます。
210分は前代未聞の待ち時間でしたよ。
その前に320分などという記録ができたから、短い気になりますがやはり長いです。
我ながらよく待ったと褒めてあげたいところかな。
実物の迫力は写真では表せません。
この目で見られてよかったです。
Posted by 砂希 at 2016年06月04日 20:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: